Drag&Dropできる、2画面ファイラー&ビューア

LINE UP


FileCraneブランドコンセプト

FileCraneの「Crane」という名称はクレーン車を想起させます。 クレーン車は巨大なものや重いものを吊り上げてあちらからこちらへ運ぶ重機ですが、
FileCraneの特徴の一つである、ファイルをDrag&Dropで移動できる操作は、
まさにクレーン車の動きに近いものがあります。

また、一方で「Crane」は日本語で「鶴」という意味になります。
鶴はFileCraneシリーズのすべてのアイコンにあしらっています。

「鶴」は一品鳥(いっぽんちょう)ともいわれ
「一品の位(天皇位)まで登りつめるほどに、立派になってほしい」
との願いが込められて古来から吉祥文様として使われてきた縁起の良い動物です。
FileCraneは各種クラウドストレージに対応したファイルマネージャ兼ビューワです。
クラウドストレージは大変便利ですが、使い続けると未整理なままファイルがたまっていきます。
FileCraneは電車やバス待ちのちょっとした時間を使ってスマートデバイスでファイル管理を行えます。
AppStoreには100万本近いのアプリが存在しますが、
沢山のアプリの中でもFileCraneはまさに「掃き溜めに鶴」がごとく、
そんな中でもひときわ輝く存在になることを目指しています。

ひときわ輝くアプリであるために徹底的に操作感にこだわりました。
この徹底的なこだわりは、いわば日本品質だと思います。

平成25年度、FileCraneは石川県より「プレミアム石川ブランド製品」、金沢市より「金沢ブランド優秀新製品」として認定されました。

 

FileCraneは操作感にこだわりながら、これからも改良を重ね使いやすいものにしていきます。
そして、日本を象徴する鶴を背負って世界に向けて誇れるブランドにしたいと思います。